忍者ブログ
腐率低&懐古オタク仕様・なんでも専用。
ヤッターマン騒動

うっかりOPだけ身損ねて、本編〜EDを観て「まぁまぁいいじゃないの」と思っていたらこんな事に。

「ヤッターマン」主題歌作者 リメイク版の曲に「恨み節」

慌ててネットでOPを探して、実際に観て聞いてみた。


新ヤッターマン オープニング
…………えぇー……

ヤッターマン OP ヤッターマンの歌(旧山本氏版)

新ヤッターマンOP(旧山本氏版に差し替え)
(MAD/編集。新作の絵に旧山本Ver.の曲をのせたもの)

<以上、上3つ全てYouTube>



………………うぅ〜〜〜…ん………


どう観ても悪いのは曲だよね。絵はむしろいいよね。


旧作への思い入れとか、山本節への愛着とか、そういうものを差し引いて聞いてみても、あまりに盛り上がらない曲に困惑すらしてしまうのはどうしたものか。「これから明るく楽しく元気な勧善懲悪ギャグアニメが始まるよ!」な曲とはとても思えない…
なまじ絵が今風に更にポップに元気に可愛くなっている分、違和感しか生まれてこないのも凄すぎる。なんだコレ。


その上で山本正之氏の公式発言が出たとなっては炎上しない訳がないよなぁ。
ネットの無い時代なら、個人個人が「この曲あってないな」と思っても制作現場の内情を知る術もないし、他の人達の意見を聞く機会もないし(せいぜい学校で友達に聞いてみるくらい?)不満があるのは自分だけかもしれないなー実際に放送されてて人気だしCD(昔はレコードか)はそこそこ売れてるし…と自分で自分を納得させて飲み込んでしまっておしまいになってたでしょう。


新作を援護するとしたら伴奏がアコギなのが問題なのかな。
歌いだしてからは何度か聞いていると「まぁこれでもいいか」と思えてくるのにとにかく一番大事な最初の掴みのイントロがちっとも持ち上がらないのが酷い。ここさえもうちょっと音が強くて掴みがあればマシだったのに。
この伴奏でもアイドルとかが歌っていたら伴奏の地味さを相殺出来たかもしれないのに、声に若さが無くてノるにもノりきれない。実際熟練歌手ユニットだからどうしようもないんだけど。巧さが逆に若さを感じさせずにマイナス要因になっているのも酷い。巧いんだけどな…巧いんだけど。

歌に魂が入っているとかいないとかの精神論は触れないでおきます。


------------------------------------------------------------------
テレビ側「わかりました、最後まで山本正之の作品でいきましょう、新曲を作っていただくか、もしくは、ヤッターマンの歌、をクールごとに歌手を変えて。」
------------------------------------------------------------------



……あぁー……
早く変えて!もう、次週からでもいいから!
1クールは歌手変更出来ないなら、せめてもうちょっとイントロの掴みが強いアレンジに変更するといいと思うよ!



やっと自分の地域でもネウロが観られるようになったわーと喜んでいたら、あまりにアニメ版の評判が悪くて監督降板の署名活動サイトが存在する、なんて事を知ってしまって凹んでいたんですが、それを吹き飛ばすくらい衝撃的な事件でした。
これ、どう決着するんだろう…そもそも選択肢に決着なんて単語あるのかも謎だけど。


それにしてもOPがあまりに酷すぎて、それなりに酷い出来のはずのEDが左程叩かれていないのが妙におかしいw あれも全然ヤッターマンにあってない超適当なタイアップだよねぇww

拍手

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
管理人プロフィール

HN:
#(しゃあぷ。と読みます)
性別:
非公開
職業:
仕事変わりましたが相変わらず毎日パソコン触ってます
趣味:
漫画とアニメとネット
自己紹介:
田舎在住、旧時代のオタク。
腐女子率低し&可愛いモノに萌える日々。立派なオタク社会人になりたいと引き蘢りから脱出、現在リハビリ中。
最新コメント

[03/03  #(ブログ主)]
[03/02  #(ブログ主)]
[03/02  #(ブログ主)]
[03/02  #(ブログ主)]
[02/04  #(ブログ主)]
[01/28  #(ブログ主)]
[05/27 なおぼん]
はてなブックマーク