忍者ブログ
腐率低&懐古オタク仕様・なんでも専用。
日常は戻って来たけど残された爪痕は大きかった

飛ぶように日々が過ぎていきます。マジ恐い。
歳取ると本当に時の進みが異常になるよ…今若い人は「そんな馬鹿な」って思うと思うんだけど、私も若い頃はそう思っていたし小学生くらいの年齢と比べたら確かに体感若干違ってはくるよねー、とは思っていたけどここまで高速になるとは思わなかった。

気づいたら元・同居人の四十九日も終わり、応接間にあった骨もどっかに消えて(親戚一族の墓に納骨されたんだと思います)、台所の机上に散らかっていた遺産相続放棄関連書類もすっかり消えて(多分無事受理されて放棄出来たんだと思います)、なにもない日常に戻りました。

ただ、元・同居人の世話を見るという話で散々揉めた両親の間には消えないしこりというか溝は出来てしまったようです。元には戻らないよねこういうのは…


でも、父も少しだけ気持ちが穏やかに戻ったようで、去年は元・同居人の事で散々だったけどようやく片付いたので春の暖かい時期になったらみんなでちょっとどこかに旅行にでも行こうか…とか言い出すくらいの元気さは取り戻したようです。


母の方は元々そういう方向で目に見える形で判りにくいので、どうなのかな、とは思いますが、少しでも気が休まる日々に戻ってくれていればいいなと思います。が、確実に私の将来の事で全然気が休まってないと思うので超弩級親不孝で申し訳ない……(あと、こないだスーパーに買い出し行くのに母を車に乗せて一緒に行った時に「もうね~あの人(父)ね~~ますます性格悪くなってものの言い方もホント嫌らしくなってね~?昼間一緒にいると腹立ってしょうがないのよ~~!!」って大概愚痴っていたので駄目かもしれない)(はははこのノロケめ、ってテンションじゃないのが聞いてて判る…)

拍手

PR
人が死ぬと知らん人間が家に来る

もう死んで終わったんですけど、関係あるみたいな話なので。

死んだ人の後始末をしていると、なんでか家に知らない人が訪ねてきます。単に私が個人的に知らないだけで、多分親戚筋かなにかなんだとは思います。父母が対応してました。

というか今日も来ていたみたいなんですが、寿司の出前取って食べてたみたいです。さっき台所で中途半端に食い散らかして蓋もせず放置してシャリもネタもからっからに乾いた寿司桶が置いてあったのを見ました。「あー、これ、今日の夕飯で出されるな…」って思ってたんですが

まぁ、さっき実際に出されたんですが


食べれたもんじゃないですよね。からっからに乾いた寿司。
……これがもう生活困窮して1日1食もまともに食えなくなるであろうン年後であれば、有り難く食べるんですけど、今はちょっと無理でしたね……「これは食べられんわ…」って突き返してきました。しんどい。突き返す方がしんどい。せめて乾かないように蓋しておいて欲しい。


なんだかんだで生きるのに困ってない今の生活も、あと数年だなという自覚をそろそろ持ち始めているのですが。観てないんですがNHKでやってたらしいじゃないですか。アラフォー・クライシスとかいう特集。ドンピシャあてはまる家族構成ですね。両親死んだら詰むという意味で。


でも、今更慌ててもしょうがないしね…
本当に。この年になってしんどい仕事したら体壊すしね…

拍手

人間は、そんな綺麗に簡単には死ねない

死んだ後にも色々な事が残りすぎてて、それ全部片付けないと世間的にちゃんと「死んだ」事にならないんですね。そういうのやってくれる人がいないと本当に大変だな…自分にはそういう人がいないんだよな…と思いました。まぁ、自分自身は死んでしまった後なので、もう何をどうされても何も出来ないんですが。


元同居人は、無事?に骨になって帰宅しました。
応接間にいます。ボロ屋の方に置いておく訳にもいかないので。

仏壇もないので、灰皿に無理矢理線香置いて火をつけて拝んだりしました。その時に母と少し話をしたのですが、ボロ屋(実家)はもうどうしようもないので、早急に財産相続権放棄をしてしまおうという事になったそうです。潰すにもリフォームするにもお金が掛かりすぎるし、何よりも元同居人が遺した8桁の借金から無関係になるのに他に選択肢もないし、みたいな状況です。8桁かよ。

骨は実家で墓はあるので、そこに追加で納めます。
行き場の心配だけは無かったのでよかったです。
この辺はむしろ私達(父母含むので)の骨はどうしようかな、まだお墓も買ってないし…という感じなので割と真剣な話、検討に入った方がいいかもしれないと思います。


なんか、最後の方…母が夜中に歩いてボロ屋に通っていた時期辺り、本当に洒落にならないレベルで父母の間が険悪になってしまっていて(元同居人、母側の血筋関係なので)、夜中様子を見にいく時父に「見に行くならもう戻ってくるな!鍵かけて入れてやらんぞ!!」とまで怒鳴られたそうです。(そうです、ってお前聞こえてなかったのかよ…という感じなんですが怒鳴ってたのは判ってたんですが何言ってるのかまでははっきり聞き取れてなかったので)

まぁね…元同居人の借金肩代わりから最後の面倒を見る所まで、必要経費、…お金を出したのは正味父なので。そんな相手に使う予定じゃなかったお金ですし。そんなもんに消えていくのは正直本当に嫌だったんでしょう。多分、人としても相性悪かったであろう相手ですし。


家の家族関係ギリギリまで削り取って死んで行った元同居人ですが、弱って家に運び込まれた時全く顔を見なかったので私の中での記憶は、私が中学生くらいの頃に見たまだはつらつとピチピチとして力仕事をやって稼いでは遊び呆けて使い果たして、また力仕事に行く…みたいな、まぁそれでも働き盛りでピチピチしたおっさんだったので全然いい人っぽい感じの、そういう姿しか残ってないです。


そういう人が、金回りが悪くなって、それでも金遣いを改善出来なくて、誰も身の回りの世話も生活のやりくりもしてくれなくなって、体力も落ちて今まで通りの仕事も出来なくなると、最後はこうなるんだな……


ごくありふれた、破滅型ですね。
巻き込まれた私の家はたまったものではありませんでした。


問題は、ここまで酷くはない(と思いたい)ですが、似た様なレベルの同年代&独り身の親戚がもうひとり残ってるんですよね…そっちは父方なんですが、もし、次はこっちの最後の面倒を見る、みたいな事になった時今度は父は母になんと言うんでしょう。そして母は父になんというんでしょう。というか、面倒を見ることに賛成するんでしょうか。多分、自分側の面倒をなんだかんだで最後まで見てくれた父なので、賛成はするとは思いますが。

その上で、父母本人達の事もあるんですよね。


残り20日で2018年ですが、もう自分の家の中が来年どうなっているかも判らなくなってきました。

拍手

今朝、亡くなったそうです

夜中の1時に病院から電話があり、もうその時点で心肺停止だったそうです。

それから両親が病院に行き、早朝に帰宅しました。

特に葬式らしいこともせず、明日火葬場で焼いてもらって骨は家に帰ってくるそうです。特に火葬場に着いてこなくても良いから、と言われたので、私は仕事は休まず今日明日とも普通に出勤する事にしました。


今年2017年1月に「家に突然同居人が増えた」とこのブログに書いてから、今、12月ですか。お医者さんに「年は越せない」と言われていたそうなんですが、そのとおりになりました。

父も、母も、この1年で随分と老け込んでしまいました。

拍手

元同居人、再強制入院というか病院に放り込まれてました

もう昨日の話です。

ここ最近、母が元同居人の家までなんか食べるものとか持って通っていたのですが(向こうであれこれ世話していたんだと思われます)、急に朝、「病院に連れていってくるからな」と言い残して両親揃って自分より先に家を出ていってしまいました。

その後、自分が仕事に出る前に父だけが先に帰宅したのでその時にチラと話は聞いたのですが、退院していたのって単に最近は三ヶ月しか入院させて貰えないからしょうがなく退院してきてたんだそうです。
その際に完全介護的に食事から面倒見てくれる個人経営のデイケアとセットになったような病院に幸運にも空きが出て、そこに入所出来るから〜って話になりかけていたのに、本人がどうしても嫌だ!家に帰る!…と両親やお医者さんに向って暴れて、その話が流れてしまっていたのだとか。どんな場所なのかよく知らないんですが(今後の自分のためにもちゃんと聞いておいた方がいいかもしれない)、小さいけど個室が貰えて、おそらくそれなりに掃除とか洗濯とか身の回りの世話もして貰えて、三食作って食べさせて貰えて、もし体調急変してここでは無理となったら直ぐ大病院に手配もして貰えて月々4万だかそこらで世話して貰える…とか、すごいそれ天国じゃないですか。そこ自分がボケたら入りたいんで今から予約してもいいですか?ってちょっと本気で思いました。

脱線しました。


とりあえず再入院したそうです。聞く所によると、1度入院した時よりも体力ガタガタでもう立つのも無理、みたいになってるそうです。そりゃあ、多分、母が持って行ってた食べ物くらいしかちゃんとしたものを食べてなかっただろうしなぁ…風呂とか…洗濯とか…そもそももう家がボロ屋敷で人が住むようなモンじゃなくなってるしなぁ…健康な人でも病気になるわ、っていう。


年越し出来るかどうか、が、現実味を帯びてきました。

拍手

管理人プロフィール

HN:
#(しゃあぷ。と読みます)
性別:
非公開
職業:
仕事変わりましたが相変わらず毎日パソコン触ってます
趣味:
漫画とアニメとネット
自己紹介:
田舎在住、旧時代のオタク。
腐女子率低し&可愛いモノに萌える日々。立派なオタク社会人になりたいと引き蘢りから脱出、現在リハビリ中。
はてなブックマーク