忍者ブログ
腐率低&懐古オタク仕様・なんでも専用。
劇場版鬼太郎、観てきたよ!

孤独なオタクに突然女神様が舞い降り「#さん鬼太郎お好きでしたよね、一緒に観にいきませんか?」と声をかけてくれました。あぁぁ有り難いことです…実に数年ぶりの寂しく無い映画鑑賞でした。

で、今日(もう昨日ですが)の収穫。

鬼太郎パンフ&コミックス

グッズはめぼしいものが無かったのでパンフだけ購入。
代わりに先週買わずに様子見したコミックスを購入。


で、映画ですが……


よかった!個人的な感想ですが、よかったです。
バカ映画を期待していたんですが、そういう意味では期待を裏切らない出来でしたよ。むしろもっと馬鹿馬鹿しくてもよかったくらいに筋がちゃんとしていました。(笑)

ただ、誰かと一緒に観るには相手を選びます。
同じ水木オタクならいいですが、ちょっと鬼太郎が好き&興味ある&ウエンツファン他色々…程度のライトオタク&一般の人といくと、非常にいたたまれなくなること請け合いです。別に自分が悪い訳でもないのに「ごめんなさい!」と謝ってしまいそうな、そんな感じ。


CGがイケてないのはもう当然なので、今更ガッカリする事もありませんでしたが(…)妖怪達の質感が全体的にツヤテカでオモチャっぽいのが気になりました。そういう点では人件費掛けまくって妖怪キャスト全員人間が特殊メイクで演じた「妖怪大戦争」の方がよかったかもしれません。
人間が演じていた妖怪キャストは完璧だったと思います。素晴らしい!特に猫娘@田中麗奈が素晴らしい!彼女をもう一度スクリーンで観たいので、後日改めて独りで観にいきます。
もうね、猫娘のダンス、事前にレビューや試写会を観たファンの人の感想を観て存在は知っていたのですが凄すぎた。あのダンスは卑怯すぎる。隣で一緒にウエンツも踊っているけど、もう麗奈に釘付け。バカ映画の極みを観た気がしました。あれ、ダンスマスターして猫娘コスプレで踊ってみたい。(言うだけならタダですからね!)
他の妖怪キャストも素晴らしかったのですが、個人的にヒットだったのは天狐@小雪。小雪さんは凄い美人で、天狐の姿もそれは美しく神々しいのですが、原作のあの天狐様にちゃんと雰囲気が似ていると感じたんですね。「あぁそう!なんかこんな感じ!」と思ってしまいました。




ウエンツくんに関しては、キャスト決定した時点から「こんなイケメン鬼太郎あるかい」と色々な所で叩かれていたのを見ましたが、こんな鬼太郎もいいよね、と素直に思えました。直球ニートっぷりが清々しかったです(笑)これは鬼太郎を見た目年齢の近い子役がやっていたら絶対に出なかった味だったろうなぁ。ビジュアル系みたいな黒&白&グレーの衣装もよかったですよ。
映画の宣伝で毎日の様にフジのテレビ番組に鬼太郎の格好で出演しているけれど、本当に、頑張っているよ…と思います。最近の映画は作品イメージをぶち壊してでもとにかく宣伝しまくれ!な風潮で嫌いですが。鬼太郎の格好をしている時のウエンツはウエンツじゃなくて「鬼太郎」だと思わせてくれよーバラエティで芸人に頭どつかれている鬼太郎なんて見たくないんだよー。(今見ちゃった。キツイ…)
いやでもそれを差し引いても本当にウエンツくんは頑張ったと思うよ。顔が男前なのは仕方がないもんね(笑)。演技がxxxとか根本的な問題がなきにしもあらずでしたが、この作品の主人公は「ただ存在している」だけで充分なのでいいんですよ、あれで。大事なのはその「存在感があるかどうか」で。5期高山鬼太郎もそうですが、ウエンツ鬼太郎も人外の空気を纏っていると感じたので、もうそれだけでお腹一杯満足でした。

映画観た後、フロアに置いてあった鬼太郎看板達を撮影。
ねずみ男と猫娘はなかったです…


鬼太郎看板 こなき看板 砂かけ看板

観に行った劇場には置いてなかったですが、通信販売の劇場版鬼太郎グッズに、チャンチャンコがあったのに後から気付きました。…猫娘のコスプレ衣装は販売されているのを知っていたのですが、チャンチャンコは知らなかった。欲しいなぁ。ファー素材でベルト部分も結構忠実で4,500円なら安いような気がしてきた。(自分で作るより絶対綺麗だ。猫娘の衣装は安っぽかったけど)

拍手

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
管理人プロフィール

HN:
#(しゃあぷ。と読みます)
性別:
非公開
職業:
仕事変わりましたが相変わらず毎日パソコン触ってます
趣味:
漫画とアニメとネット
自己紹介:
田舎在住、旧時代のオタク。
腐女子率低し&可愛いモノに萌える日々。立派なオタク社会人になりたいと引き蘢りから脱出、現在リハビリ中。
はてなブックマーク