忍者ブログ
腐率低&懐古オタク仕様・なんでも専用。
なりチャの思い出(2)元当事者の記憶と記録

先に勢いで書いたこちらから先に読んで頂けると嬉しかったり。お手数お時間取らせますが、是非。

もうちょっと整理して、時系列に従って書き残してみようと思いますよ。

最初になりチャを知った頃は、まだネット環境がISDN最高!テレホーダイ万歳!な頃でした。つまり、なりチャタイムは午後11時から。そこからどこまで睡魔と戦えるか、というかなりリアル生活を犠牲にした楽しみ方をしておりました。
今だから笑い話にも出来るのですが、当時ネット中電話がかかってくると強制的にネット回線切断されてしまったんですよ。楽しいなりチャタイム、カワイイあの子との逢瀬(笑)を邪魔する現実許すまじ⋯!とネット時は受話器の線を引っこ抜いて電話線はネット専用線と化していました。⋯当時、友人各方面から「連絡が取れない」と非難轟々でした。当然ですね。⋯当時の友人とはその後色々ありまして、全員と交流が途絶えてしまいました。⋯自業自得ですハイ、人生棒に振ったのはここら辺ですかね(笑えない)。取りかえしはつきませんが後悔と反省はしています。全面的に私が悪かった。

当時の生活サイクルといえば、バイトを夜6時〜7時に終わって帰宅、夕食と風呂に速攻入って即、仮眠。勿論、11時からのテレホーダイに備えてです。
夜11時起床。それからテレホーダイ終了の朝8時までギリギリなりチャをやり続ける。で、9時からのバイトに出かけていく⋯以下、エンドレス。
盛り上がったり、翌日バイトが休みだったりする時はそのタイムリミットすらぶっちぎってなりチャ続けた事もありました⋯24時間とかね。ダメ人間。そこまで行くと途中から最早なりきりでも何でもなくなってくるんですけどね。それでも当時は、それなりになりチャの形になっていた、と信じてチャットをやっていたように思います。無駄に体力だけはあった。

これだけはまると、波長の合う=カップリングや原作の萌えポイントの似ているなりチャ参加者同士で仲良くなったりします。仲良い同士で派閥みたいになったりしてね(笑)それは女社会、どこでもある事ですが⋯その所為でなりチャサイト管理人さんに大変迷惑をかけてしまった事もありました。


私がはまったのは版権なりチャだったのですが、サイトに特にルールを設けていなければ誰がどのキャラを演じてもOKです。なので、同じチャットルームに同キャラが同席する事もザラでした。(特に人気キャラは)そうなると⋯身も蓋も無い話ですが、同キャラでも「モテる人」と「モテない人」が出てくるんですねー。例え同人的に人気キャラをやっていても差が出てしまう。「モテる人」は結局「同人的にオイシイ立ち振るまいを演じてくれる人」か、「限りなく原作イメージに近い演じ方をする人」になるんですね。更に前者は「自分(のなりきってるキャラ)だけを贔屓して自分の専属の相手=恋人になってくれる人」がモテる訳で(笑)。
段々「恋人募集なりチャ」状態になっていく様が面白かったです。他人事のように言っていますが、物凄い渦中の人として巻き込まれまくりましたが、これも「あぁ女の子特有の(皆が羨ましがる人気のコノ人を独占しているワタシ)競争かねぇー」とぼんやり思ってそれなりに楽しんでおりました。当時はね。

人が集まると意見の違いでぶつかる事も増えてくる。
⋯なりチャに対するスタンスよりも、人間関係でゴタゴタする事の方が多かったように思います。これも版権なりチャ特有の事だったのかも?いかんせんジャンルの所為もあって参加年齢層が若かったしね。オリジナルのホモ系なりチャだともっと平均年齢高いから、女子生徒同士の仲良しグループノリのゴタゴタは少ないのかもしれないですね。
とにかく「◯◯さんの**を一人占めズルイ!」とか「▲▲さんの@@よりも私の@@の方がいいじゃない、何故駄目なの!?」とか、当事者以外の人間が外から見たらオイオイ、な事を結構本気でやっておりました。⋯あぁ、本人達の当時の本気っぷりは痛い程判るので笑えないなぁ。

彼女達程、思い込み激しく行動には出なかったけれど、自分にも当時「理想の**(萌えキャラ)を演じる憧れの●●さん」とか、いたんですよ。や、これが本当に初めてその人の演じる**(萌えキャラ)と遭遇してなりチャを御一緒した時「これ程までに自分のイメージする理想の**を演じる人がこの世にいるのか⋯!」と感動すら覚えたものです。
それは「自分の萌えポイントをグリグリ刺激する**同人誌に巡り会えた」よりも衝撃的でした。だって理想の**とチャット出来るんだもん!自分が話し掛けたら答えてくれるんだもん!(笑)

そんな理想のなりチャキャラと遭遇出来たら、ちょっと本気で口説こうと思いますよ。
いや、口説くまではいかなくても「仲良くなりたい」とか「自分に好意を持って欲しい」とか、普通ーに現実と同じ行動に出ますよ。でも、なりチャ中だと相手の嗜好とか全然判らないので、少しずつ会話の中に誘導尋問を忍ばせて相手の萌えポイントやら好きカップリングやらを探っていく訳ですよ。

⋯⋯やー、もう、その過程が本当に楽しくて!(馬鹿)
探った結果、自分と同じ萌えポイント持ちと判った時の嬉しさったら例えようもなく。


ここまで書いて、もしかすると私のなりチャの楽しみ方&はまり方は大多数側ではないかもしれませんね。(汗) もうちょっと続きます。


【関連テキスト】
なりチャの思い出
なりチャの思い出(3)自己と他者の我侭の果てに

拍手

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
管理人プロフィール

HN:
#(しゃあぷ。と読みます)
性別:
非公開
職業:
仕事変わりましたが相変わらず毎日パソコン触ってます
趣味:
漫画とアニメとネット
自己紹介:
田舎在住、旧時代のオタク。
腐女子率低し&可愛いモノに萌える日々。立派なオタク社会人になりたいと引き蘢りから脱出、現在リハビリ中。
最新コメント

[03/03  #(ブログ主)]
[03/02  #(ブログ主)]
[03/02  #(ブログ主)]
[03/02  #(ブログ主)]
[02/04  #(ブログ主)]
[01/28  #(ブログ主)]
[05/27 なおぼん]
はてなブックマーク